楽天スーパーポイントの基礎知識

楽天スーパーポイントとは

楽天スーパーポイント楽天スーパーポイントは楽天市場をはじめ、楽天ブックスや楽天トラベルなどの楽天サービスでお買い物をすればするほど貯まり、その楽天スーパーポイントは楽天市場で現金の代わりに使えたり、またANAマイルや電子マネーのEdyと交換することもできるサービスです。

楽天スーパーポイントは長くて言いにくいため、楽天ポイントと言われることも多いですが、違いはなく同じものです。

楽天スーパーポイントを貯める

楽天スーパーポイントは原則的に楽天サービスで100円(税込み)を利用するたびに1ポイント、つまり購入金額の1%が付与されます。しかし、お店によって、またタイミングによっては1%ではなく、5%や10%の楽天スーパーポイントを付与されることもよくあります。中には20%超の商品も。

単純に商品の値段だけで比較するのではなくて、楽天スーパーポイントが何%付与されるのかどうかも合わせてみることが大事です。

楽天市場の検索ボックスで「ポイント10倍」などで検索すると楽天スーパーポイントがたんまりもらえる商品がズラッと出るので思わぬ掘り出し物がでることもよくあります。→「ポイント10倍」検索結果

楽天スーパーポイントが付与されるタイミングは、まず購入翌日に仮ポイントとして付与され、その後20日経てば使用可能となります。

楽天スーパーポイントを使う

貯めた楽天スーパーポイントは楽天市場をはじめとする楽天サービスで1ポイント=1円で利用できます。貯めた楽天スーパーポイントはいつでも利用できますが、注意しなければいけないのは利用期限です。

利用期限は楽天スーパーポイントを付与された月の翌年同月の前月末日までです。仮に2015年10月に付与されたポイントは、2016年9月末日までが有効期限となります。

しかし、有効期限までに新たにポイントを獲得すれば有効期限が切れる事はないので、楽天でよく買い物をする人であればそれほど気にしなくても大丈夫です。

楽天スーパーポイントを交換する

楽天Edy楽天スーパーポイントはANA(全日空)のマイル電子マネーのEdyと交換することができます。ANAのマイルは楽天スーパーポイント2ポイントにつき、1マイルと交換、Edyは1ポイントにつき1円と交換できます。

Edyと交換できることによって楽天スーパーポイントがリアル店舗でも使えるので嬉しいですね。

まとめ

以上が楽天スーパーポイントの基礎知識として、最低限これだけのことがわかっていれば楽天サービスを活用する上で十分だと思います。

ただし、もっともっとお得な楽天スーパーポイントの貯め方などあるので、これから随時紹介していきたいと思います。

サブコンテンツ

楽天で買い物するなら楽天カード

楽天カードは学生主婦でも気軽に申し込めるクレジットカード。楽天でお買い物をするなら楽天カードは必須アイテム。楽天ポイントが全て4倍になるよ。しかも入会するだけで大量ポイントプレゼント。

(`・ω・´)キリッ 欲しいと思った時が買い時

このページの先頭へ